高専出身の転職は正社員専門のエリートネットワーク

実践的技術者を輩出する高専の特徴

高専の概要

 昭和30年代初頭から始まった日本の目覚ましい経済成長を支える科学・技術の更なる進歩に対応できる技術者養成の要望が、当時から社会全体で強まっていました。こうした産業界からの要請に応えるため、昭和37年(1962年)に国立高専機構は、初めて高専を設立しました。この時に国立12高専(函館、旭川、福島、群馬、長岡、沼津、鈴鹿、明石、宇部、高松、新居浜、佐世保)とともに、公立高専として東京都立工業高専と東京都立航空工業高専の2高専が設立されました。これら高専は、職業に必要な実践的かつ専門的な知識及び技術を有する創造的な人材を育成するとともに、わが国の高等教育の水準の向上と均衡ある発展を図ることを目的としています。その後も年々高専は増加し、現在、機構は北海道から沖縄まで国立高専51校(55キャンパス)の全国ネットワークを持ち、学生数約50,000名、教職員数約6,000名の大規模な高等教育機関となりました。公立私立を含めると高専は2019年時点で57校( 国立51校、公立3校(東京都立産業技術高等専門学校、大阪府立工業高等専門学校、神戸市立工業高等専門学校)、私立3校(サレジオ工業高等専門学校、金沢工業高等専門学校、近畿大学工業高等専門学校) )あります。