高専出身の転職は正社員専門のエリートネットワーク

高専出身者の『転職体験記』

音響システムのソフトウェア技術者、UXデザインコンサル会社へ

Information
    • 上田 優香里 氏 / 30歳
    • 九州大学 芸術工学部 音響設計学科 卒
      九州大学大学院 芸術工学府 芸術工学専攻 コミュニケーションデザイン科学コース 修了
      TOEIC Listening & Reading 825点

■学生時代の就活

私は元々建築音響の研究分野に興味関心があり、新卒で音関係かつ建築部門のある会社に就職しました。

就職活動の際は、専門的に学んでいた「音」の知見を活かせること、また直接お客様と関わりながら仕事が出来るか、という二点を軸に会社を見ておりました。

■入社後

入社後は、技術部へ配属となりました。音に関するシミュレーションソフトウェアの開発・技術コンサルティングを中心に業務に従事しておりました。営業担当者と一緒にお客様へ直接ソフトウェアの説明をしたり、ご相談に乗る場面も多く、やりがいを感じて仕事に臨んでおりました。
開発に軸足を置いていましたが、事業に携わるメンバーが多くなかったことから、開発から営業までの一通りのプロセスを経験できたのは、最初のキャリアとしてとても良かったと感じています。
 
業務を通して、お客様のニーズを汲み取る、そのニーズを紐解いて形にする、相手の立場に合わせて技術的な説明をする、といった力を培うことができたと感じています。

■転職するに至った経緯

開発から営業までのプロセスを経験し、「技術とお客様をつなぐこと」が得意であると気づき、ここに特化してスキルを磨いていきたいと感じるようになりました。同時に前職は比較的ニッチな業界だったこともあり、他の業界・職種にチャレンジしてみたい気持ちも徐々に強くなっていきました。

また、コロナ禍で自身の価値観や生活の仕方を見直したこともきっかけとなり、転職を決意しました。

■転職活動でこだわった点

会社としてのビジョンが明確でそれが社員に浸透していること、社員同士の関係が比較的フラットな組織であるかを重視していました。

また、キャリアチェンジを視野に入れていたので、どのポジションで転職活動をするかは絞っていませんでした。「技術とお客様をつなぐ」といった観点から考えると、どういった仕事があるのだろう?と、手探りで転職活動を始めたというのが正直なところです。

■エリートネットワーク様との出会い

転職活動をするにあたって色々調べる中で見つけたのが、エリートネットワーク様の『転職体験記』でした。登録後、転職カウンセラーの梨本様とZoomで面談を行い、その後一貫して転職活動をサポートしていただきました。

やり取りを通して、私自身の軸や大切にしたいポイントなどを的確に把握していただき、業界はあまり絞らず、幅広く求人案件をご紹介いただきました。梨本様とのやり取りは丁寧で安心感があるだけでなく、会社についての知識があまりない私の視野を広げてくださった部分も多く、転職活動の支援をお願いして本当に良かったと感じています。

入社の決断や退職交渉の際も、私の意思を尊重した上で、適切にアドバイスをいただきました。そのお陰様で転職活動という大きな決断も、一歩一歩納得して進むことができました。

■転職活動を通じて、気づいた点や学んだ点

キャリアチェンジを検討する際は、今までやってきたことや、やりがいを感じてきた部分に関して、少し抽象度を上げて考えてみると、また違う選択肢が見えてくるということがわかりました。この辺りの作業に関しては、自分一人ではなかなかできなかったと改めて感じています。

■次の職場にかける意気込みや覚悟

無事、第一志望の企業から内定をいただき、入社することになりました。前職とは大きく異なる業界ですが、今まで培ってきた経験を十分に活かすことができそうだと感じています。

転職活動を開始した時には考えていなかった方向に着地しましたが、今すごく納得しています。これも私が大切にしたいことを汲み取り、尚且つ視野を広げるようなご提案をしてくださった梨本様のおかげだと感じています。 

もうすぐ新天地での生活が始まりますが、今からワクワクしています。
結ばれたご縁に感謝し、しっかり貢献できるように邁進していきたいと思います。

関連記事